そんなことより競馬しようぜ!

先週は買った馬のほとんどが馬券圏内に食い込むも、的中数は0でした。
この馬券下手っぷりは、もうドモナラズでしょうね‥‥。

七夕賞
◎クリールカイザー
○マジェスティハーツ
▲ステラウインド
△マーティンボロ、アルバートドック、ナカヤマナイト

ハンデ戦ながら酷量、軽量がない。
更に重賞実績がない馬が人気となれば、実績がある人気薄からぶん回したい。
となると、右利きで、重い馬場も歓迎できるクリールカイザーは格好の狙い目となる。
他に狙いたいのは、遂に森から乗り変わったマジェスティハーツ、いつ走ってもおかしくないステラウインド。
更に、実績がある△に流していく。
馬券は◎の単勝と、馬連、三連複を手広く行きたい。

プロキオンS
◎グレープブランデー
○ブライトライン
▲キングズガード
△ワイドバッハ、ノボバカラ

印象以上にタフなレースになる中京1400D。
つまり、短距離よりも中距離で対応力がある馬を上位に見るのが正解に近い。
となれば、やや衰えたとはいえ、G3レベルではまだまだ一線級を張れるグレープブランデーを狙いたい。
相手は自力上位のブライトライン、1400で三連勝ながら中距離も対応できるキングズガードで問題なさそう。
馬券は◎から馬連、三連単。

他で積極的に狙いたいのは
中京10R:サンライズセンス
函館11R:イースターパレード
かな。

それなりの自信を持っていた宝塚記念の◎フェイムゲームだが、結果はよもやのドンジリ。
あそこまで負けてしまうと、いっそ清々しいというものです。
そんな春競馬のラストでした。

さて、夏競馬といきましょう。

【ラジオNIKKEI賞】
◎アーバンキッド
○ダイワドレッサー
▲ブラックスピネル
△アップクォーク、カープストリーマー、ミエノドリーマー

過去10年の勝ち馬はフレールジャック、ファイナルフォーム、アンビシャスなどのロマン派か、レオマイスター、ケイアイチョウサン、ウインマーレライといった、以後どうにもイマイチ派に分かれる。
となると、馬券を買う身としては最もロマンがある、つまりはスケールの大きい馬を狙いたい。
というわけで、馬っぷりの良さからアーバンキッドを本命に。
どちらかと言うと、ゆったり出て行きたい馬で、前走のマイルCは前に行きすぎた観があり、ここは見直す手。
相手は、外枠からスタートが悪かったオークスでも見せ場があったダイワドレッサー。
トップハンデ、小回り、大外でもこれ以上は印を落とせないブラックスピネル。
馬券は◎から馬連と、◎から○▲軸の三連複で。

【CBC賞】
◎ベルルミエール
○ベルカント
▲スノードラゴン
△エイシンブルズアイ、ラヴァーズポイント、シンデレラボーイ

ここ最近は出遅れたり、包まれたり、ダートだったりとイマイチかみあわせが悪かったベルルミエール。
2戦して2回とも4着(ともに重賞)の中京、かつ包まれる心配がない外枠なら狙いたい。
相手本戦は1頭で行けそうなベルカントを指名、夏は牝馬の格言に従う。
後は、実力最右翼の上位ハンデ馬2頭に、50kgのラヴァーズポイント、中京巧者のシンデレラボーイまで。

馬券は◎から馬連と、◎○軸の三連複。

他のレースは
函館11R:マテンロウボス
福島10R:メラグラーナ
中京10R:マリオーロ
と、きっちり当てにいこうかと思います。


などと書いていたら、初代のシンデレラボーイが懐かしくなりました。
調べたら2005年の台だって。嗚呼‥‥。

さて、春競馬のフィナーレ。
ここをビシッと決めて、気分良く夏競馬に入りたいところです。

宝塚記念
◎フェイムゲーム
○ドゥラメンテ
▲トーホウジャッカル
△キタサンブラック、ステファノス、ヒットザターゲット、サトノクラウン

私の夢はフェイムゲームです。
天皇賞で絶対の自信を持って本命にしましたが、結果は馬群の後ろからトコトコついて行って、最後に大外をぶん回すだけという、デビューしたてのアンチャンでもできる競馬をやらかしてくれた鞍上のせいで台無しに。
負けるにしても、馬券を買う側が納得できる負け方をして欲しいものです。
さて、今回ですが、馬場が渋って力の要る状態になっている今の阪神、直線消耗戦になり内を割ってくるという都合の良い青写真を描いてみようかと。
相手はやはりドゥラメンテ。
というか人馬ともに普通の状態であれば文句なしの本命になるのだが、今のデムーロは酷すぎ、ドゥラメンテも調整が微妙の模様なので印を落とした。
天皇賞で見せ場十分のトーホウジャッカルが三番手。
距離はこのくらいの方が良さそうで、状態が戻ってきたとなれば重たい印を打ちたい。
後は崩れないキタサンブラック、叩き二走目は走るステファノス、内をつく展開なら上位十分のヒットザターゲット、重巧者のサトノクラウンに印を回す。

馬券は◎の単複、◎からの馬連、◎から○▲を軸にした三連複を予定。

宝塚に向けての資金調達は、
函館11Rのウォーターショパンで堅実に、
阪神10Rのマヤノオントロジー、東京11Rのフレイムヘイローで大きめに稼ぎたい。

このページのトップヘ